腰の痛み 原因 年齢

MENU

初めての坐骨神経痛

40代に入り急に体の不調を感じるようになったという方は少なくないと思います。

 

 

その中でも今回は腰痛から来る坐骨神経痛について書いて行きます。

 

 

ある日突然、気がついたら足が伸び切らないような違和感を覚えたことはあるでしょうか。

 

 

このとき慌てて足の後ろ側を伸ばすようなストレッチをしても全く改善されず、放っておくとお尻の筋肉がどんどん痛くなってくることがあります。

 

 

そしてしまいにはベッドに寝転がることさえもできなくなり、その結果ひどい睡眠不足に陥ることになります。

 

この状態を坐骨神経痛といいます。

 

 

この坐骨神経痛、実は腰椎から足に向かって出ている神経が隣の腰椎に擦れて炎症を起こしているそうなのです。

 

 

痛い箇所がお尻だったり、違和感を覚えるのが足全体だったりするので、はじめは腰が悪くなったとは感じにくいかもしれません。

 

でも炎症を起こしているのは確実に腰なのです。

 

 

なので足を一生懸命マッサージしても、お尻の筋肉をもみほぐしても一向に症状は善くなりません。

 

 

骨盤のズレを改善するような体操をしても、下手をすると症状を悪化させることさえあります。

 

 

では一体どうしたらこの眠れない痛みが続く状況から逃れられるのでしょうか。

 

 

筆者が実践したことを何点かご紹介させていただきます。

 

 

まずひとつ目に、病院でレントゲンを撮って病名を確定させる。

 

それからリハビリ科で腰をゆっくりと牽引してもらいます。

 

 

人間は二足歩行の弊害から、年をとるごとに重力に逆らえなくなる傾向にあります。

 

腰椎も例外ではありません。

 

 

ですのでゆっくりと優しく引っ張ってもらうことで、腰椎と腰椎がくっつき過ぎていたものを少しだけ離します。

 

 

軽度だとこの治療を何度か繰り返すだけで神経の炎症が治まり、症状が改善されることがあるそうです。

 

 

次に薬を処方していただきます。

 

 

腰痛に飲み薬?とはじめは抵抗があるかもしれません。

 

 

しかし痛み止めかつ炎症止めというものがあるので、その力を借りることでまずは心の平和を取り戻しましょう。

 

 

でも痛み止めを飲んだからと言って、普段どおりの腰に負担がかかる生活をして無理をしないように注意してくださいね。

 

 

病院ではブロック注射を勧められることもあるようです。

 

 

ですが効き目が続かないことがあると同時に、注射自体がとても痛いという噂もあるので敬遠しがちですね。

 

 

ここまでで症状に改善がみられた場合は、そのまま無理せずに回復を待ちましょう。

 

 

そして回復した後には、普段から腹筋をつけるように心がけましょう。

 

 

キレイな姿勢がキープできれば腰痛とは無縁になれることを頭に入れて、より快適な生活を送れるように、人生を楽しめるように体づくりをしましょう。

 

 

初めて坐骨神経痛に悩まされている方の不安を少しでも軽くできればいいなと思いながら言葉を締めくくりたいと思います。

 

 

背筋矯正ベルト ランキング